カーシェアリングをおすすめする5つのメリット

カーシェアリングとは?

クルマは移動の利便性やドライブの楽しさを私たちに提供してくれる。

これは今後も変わらないだろう。

環境問題やエネルギー資源の枯渇などでクルマを取り巻く環境は年々厳しくなってはいるものの、これまでクルマによって得られたメリットをいまさら捨てるのは困難だ。

しかし、そのクルマはどのくらい利用されているのだろうか。

あなたの身の回りを見回してほしい。

公共交通機関の発達している都市部でも一戸建て住宅の駐車スペースにはたいていクルマがある。

「一家に一台のクルマ」はごく普通の光景だ。

一方で利用率を見れば、ほとんど休日しか動かないクルマが多いのではないだろうか。

あるいは、「バッテリー上がりを防ぐために仕方なく休日にクルマを動かしている」などという話を聞いたことがあるだろう。

ただ、クルマを手放してしまえば、日常生活に多くの不便をもたらすことも簡単に想像できる。

休日の買い物にはクルマがあれば便利だし、年に何度か出かける旅行にも必要かもしれない。

さらに夏休みに帰省する際にはクルマを利用した方が便利。

地方には公共交通機関が発達してない地域も多いから、規制してからの移動手段にはクルマが欠かせないというわけだ。

では、そのためだけにクルマを所有する必要はあるのだろうか。

所有することに喜びを感じるコレクターならともかく、多くの人は所有自体が目的ではないはずだ。

必要な時に利用できればそれで良い。

そこでクルマのメリットはこれまでどおり享受しつつ、できるだけ合理的な方法で利用しようという試みが「カーシェアリング」です。

日本では最近注目され始めたクルマの利用法だが、実はヨーロッパではすでに30年近い歴史があります。

カーシェリングとは1台のクルマを複数の人が共同で利用するシステムのことで、大きく分けると2つのタイプがあります。

一つは相乗りタイプ。

同じクルマに同乗するシステムです。

海外には都市部へクルマの乗り入れが制限されているところもあるし、日本国内の観光地でも環境に配慮して同様の措置が取られているところもあります。

そのような場所ではこの相乗り方式でカーシェアリングが行われているところもあります。

昔流行したヒッチハイクも相乗りタイプのカーシェアリングということができるかもしれません。

もうひとつは、1台のクルマを複数の人で共有するタイプ。

他の会員が利用していない時間帯に別の会員が利用するシステムです。

今後市場が大きく成長するだろうと考えられるのがこの共有タイプです。

現在ではそれがさらに発展し、企業が管理する複数のクルマを複数の会員が利用するという「会員制カーシェアリング」が一般的になっています。

では、「会員制カーシェアリング」を中心に解説しています。

ランキング表示用ウィジェット
おすすめのカーシェアリング会社
第1位 ベジライフ酵素液
オススメ度 ★★★★★
ポイント
  • 浜田ブリトニーが10ヶ月でなんとマイナス13.6kg。
  • ベジライフ酵素液、1回のカロリーは「14.2kcal
  • 初回27%OFFの4,980円。まずは試してみたいというあなたに
価 格 内容量 主な成分 1回の費用 カロリー
初回4,980円
複数本割引有
500ml 植物発酵エキス
約90種類
273円~
14.2kcal~/回
第2位 お嬢様酵素
オススメ度 ★★★★★
ポイント
  • 通販だけで1日に約806本も売れる人気のお嬢様酵素!
  • リピーター続出の圧倒的美味しさ!
  • コンセプトは酵素を使って徹底体内サポート!
価 格 内容量 主な成分 1回の費用 カロリー
3,990円
キャンペーン価格
720ml 64種類の野草
22種類の野菜・果物
332円~
未公開
第2位 ベジーデル酵素液
オススメ度 ★★★★☆
ポイント
  • 酵素ダイエットの老舗といえば、ベジーデル酵素!
  • 1日に679本も売れている、すごい人気の酵素なのです!
  • 職人によって手間ひま込められたベジーデル酵素
価 格 内容量 主な成分 1回の費用 カロリー
7,980円
初回特典付き
720ml 野菜・果実・野草・海草等100種以上の植物原料 665円~
104kcal~/回

トライアルセット情報(サンプル)

トライアルセットの情報(サンプル記事)を掲載しています。

今すぐカーシェアリングが利用できるのはどこ?

国内でカーシェアリング事業を行っている主な事例(2012年)は、合計すると車両ステーション数が約4500か所、車両数は約7千台、会員数が約19万人となっています。   &…

カーシェアリングの成長はどこまで続くの?

カーシェアリングが今後、どこまで成長するか、日本の場合は予測が立てやすいです。     それはスイスという先駆者がいるからです。   …

ヨーロッパの隅々まで急拡大するカーシェアリング

ヨーロッパでは、カーシェアリングをEUの環境プロジェクトの一環として取り組んでいることから、その普及は急速に進んでいます。     具体的な取り組みとして…

カーシェアリングの5つのメリットとは?

ここにきて、カーシェアリングの急速に普及しているのは、潜在的なニーズがあったからにほかなりません。     そのニーズとは、次にあげる5つ。 &nb…

アメリカにはどんなカーシェアリングの会社があるの?

アメリカのカーシェアリング業界を牽引しているのは、「Zepcar」「Flexcar」「CityCarShare」の3社で、全体の会員数の7割強を占めます。    …

自動車大国アメリカでもカーシェアリングが急拡大!

一方、北米でのカーシェアリングは、ヨーロッパよりもずいぶん遅れて始まっています。     1994年にカナダのケベックシティで開業した「アウト・コム」が最…

車 処分…自動車の処分をお考えのあなたへ