カーシェアリングっていつどこで始まったの?

カーシェアリングっていつどこで始まったの?

最初にカーシェアリングが始まったのは1940年代のスイスだといわれています。

 

 

1948年のチューリヒに「SEFAGE(セルフドライブ組合)」が設立されました。

 

 

しかし、その目的は現在のカーシェアリングの目的とは大きく異なります。

 

 

当時は一般市民が個人でクルマを購入し、維持することは金銭的に非常に難しい時代でした。

 

 

その解決策として複数の人々が一台のクルマを共有するカーシェアリングが自然発生的に生まれたというわけです。

 

 

カーシェアリングによって一般市民も共同所有とはいえ、マイカーに手が届くシステムが出来上がりました。

 

 

当時のマイカーは夢の存在であったわけだが、1945年に第二次世界大戦が終結し、その後の高度成長が訪れると、一般市民にも個人でクルマを所有する経済力がついていきました。

 

 

それにより、生まれたばかりのカーシェアリングの魅力は薄れていきました。

 

 

個人で購入できれば、あえてカーシェアリングを利用する理由はありません。

 

 

そんな状態が数十年続くことになるが、その後、カーシェアリングは急成長を遂げることになり、組織から営利団体に変化していきました。

 

 

この頃のカーシェアリングは新たな目的を持っていきました。

 

 

所有から利用へ発送を転換し、利用機会を減らすことによって環境への負荷を減らそうという試みです。

 

 

そして現在に通じるこの新しいカーシェアリングが最も発展したのがスイスです。

 

 

スイスは総面積4万1000平方キロメートルの小さな国。

 

 

九州よりも少し大きい程度で、ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、などに囲まれています。

 

 

国土は狭いながらもアルプスや氷河など自然が豊かな国です。

 

 

また注目すべきは日本のように、公共交通が発達していること。

 

 

そして、財政的に豊かで、一人当たりの名目GDPは89,960ドルで、世界でもトップクラスにある点です。

 

 

このように日本と多くの類似点を持つスイスのカーシェアリング事情は、日本のカーシェアリングの未来予想図といってもいいでしょう。

 

 

2008年の統計では車両台数2000台、会員数8万1500人にまで拡大したスイスのカーシェアリングだが、ATGとシェア・コムという2つの大手カーシェアリング団体が政府の後押しによって統合されるなど、政府の力も大きく働いたといえます。

関連記事

  1. 日本のカーシェアリング事情
  2. アメリカにはどんなカーシェアリングの会社があるの?
  3. 自動車大国アメリカでもカーシェアリングが急拡大!
  4. ヨーロッパの隅々まで急拡大するカーシェアリング

トラックバックURL

http://www.thepedagogyofhiphop.com/foundation/1.html/trackback

1件のコメント »
  • これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です