今すぐカーシェアリングが利用できるのはどこ?

今すぐカーシェアリングが利用できるのはどこ?

国内でカーシェアリング事業を行っている主な事例(2012年)は、合計すると車両ステーション数が約4500か所、車両数は約7千台、会員数が約19万人となっています。

 

 

大小さまざまな規模で運営されているが、タイムズ24の「タイムズプラス」、オリックス自動車の「オリックスカーシェア」、カーシェアリング・ジャパンの「カレコ」が主な事業所となっています。

 

 

利用方法はどの事業者もほぼ同じことです。

 

 

たとえば国内最大規模のタイムズプラスの場合、入会後はパソコン、携帯、フリーアクセスのいずれかで予約をしましょう。

 

 

車内に保管してあるキーを利用して運転し、利用が終わったらキーを元あった場所に返却し、カードでクルマを施錠するだけ。

 

 

利用証は1カ月分をまとめてクレジット決済になります。

 

 

マンション業者が住人向けのサービスとしてカーシェアリングを導入するケースも出始めています。

 

 

長谷工カーシェアクラブもそのひとつです。

 

 

長谷工コミュニティが管理するマンション居住者向けのサービスで、今後さらに広がってくることが予測されます。

関連記事

  1. カーシェアリングの成長はどこまで続くの?
  2. カーシェアリングの5つのメリットとは?

トラックバックURL

http://www.thepedagogyofhiphop.com/merit/19.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です